ダイブマスターとは

沖縄ダイブマスター取得について、ご紹介します。,”ダイブマスターとは、ダイビング活動の現場を取り仕切るリーダーとしての役割を持ったダイバーのことをいいます。PADIダイブマスターコースは、講習アシスタントや水中ガイドを、安全に指導するために必要な知識と技術、プロとして必要な心構えや基礎を身につけるプロフェッショナルなダイバー養成コースとなります。
ダイビングのプロである、PADIダイブマスターになるまでには、段階的に資格を取得しなければいけません。沖縄ダイブマスター取得でも同様です。まず、第一段階として、PADIオープンウォーターダイバーの資格を取得し、第二段階として、PADIアドバンスドオープンウォーター、第三段階として、PADIエマージェンシーファーストエイドレスポンスの資格取得、第四段階として、PADIスキューダイバー、そして最終段階として、PADIダイブマスターの資格取得となります。
沖縄ダイブマスター取得のためには、最低60本のダイビングログ(ダイビングしたことの証明書)が必要になります。ちなみに、ダイブマスターの次のレベルである「インストラクター」になるためには、最低100本のダイビングログが必要となります。また、ダイビング未経験者の人が、沖縄ダイブマスター取得するまでにかかる費用の目安については、75万円弱の費用が必要となります。
ダイブマスターを目指す理由については、まず「働くため」という理由が挙げられます。ダイビング業界に就職、あるいは非常勤として働くためです。そして、「チャレンジ」という理由が挙げられます。プロコースという、知識面でも技術面でも高いハードルとなるコースを受講することにより、スキューバダイビングに精通した、プロフェッショナルなダイバーを目指すためです。
ダイブマスターに認定されると同時に、「PADIメンバー」として登録されます。これにより、ダイビングスクールやダイビングサービスで、働くことが可能となります。PADIダイブマスターの資格を取得したダイバーは、ダイバー・トレーニングでインストラクターのアシスタントとして、働くことができます。しかし、本気で働きたいのであれば、ダイブマスターからランクアップして、インストラクターの資格を取得することをおすすめします。
ダイブマスターは、認定ダイバー・スノーケラー・スキンダイバーのダイビング活動の監督を行います。ダイブマスターは、プロフェッショナルとしては、まだビギナーではありますが、ダイバーの安全を管理して、楽しんでもらうという面では、大きな影響力を持つことになります。沖縄ダイブマスター取得コースには、1か月前までに申し込めば、早期割引特典サービスが、受けられるところも少なくありません。お得に取得できますので、おすすめします。

沖縄ダイビング ワーキングスタディ・研修生